« 《 熱中症の話(Ⅱ) 》 | トップページ | ☆ 国立民族学博物館(Ⅰ) ☆ »

2012年5月27日 (日)

☆ 「鳥の目で世界を見たら」 ☆

Photo

「高階 杞一(たかしな きいち)」さんの作品です。

「大阪府立大学農学部園芸農学科卒業」で「大阪芸術大学 非常勤講師」という、ちょっと変わった経歴の持ち主です。

この「鳥の目で世界を見たら(2000年5月)」という作品は、大好きな詩のひとつです。

万博公園の「ソラード(森の空中観察路)」に掲示されています。

その他、「高階 杞一」さんの作品の一部を紹介します。

 clover 春のスイッチ clover

  春になったら

  花が

  いっせいにひらく

  どこかで

  誰かが ポンと

  スイッチを入れたみたいに

  ぼくにも

  こんなスイッチ あるのかなあ

この作品は、『空への質問(1999年11月)』という、少年詩集の中に掲載されています。

この作品も、大好きな詩のひとつです。

|

« 《 熱中症の話(Ⅱ) 》 | トップページ | ☆ 国立民族学博物館(Ⅰ) ☆ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425265/45426797

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ 「鳥の目で世界を見たら」 ☆:

« 《 熱中症の話(Ⅱ) 》 | トップページ | ☆ 国立民族学博物館(Ⅰ) ☆ »